未分類

軽貨物ドライバーに必要な保険はこれ!

軽貨物ドライバーに必要な保険はこれ!

軽貨物ドライバーとして独立して働く時に、必ず入らないといけない保険があります。

自賠責保険、任意保険、貨物保険の3つです。

今回はこの3つの保険について、保険の内容が分からないという人のためにも簡単に分かりやすくまとめて紹介していきたいと思います。

自賠責保険

自賠責保険は強制保険とも言われ、運転免許を取得し車を購入した時に必ず入らなければならない義務のある保険になります。

自賠責保険は事故が起きた時に相手の身体の補償だけに限定されているのが特徴になります。

もし加害者になってしまった時、自賠責保険は加害者に対する補償はありません。

・怪我の治療費などに対する補償限度額→120万円
・事故の後遺症による労働能力低下、精神的苦痛などに対する補償限度額→4,000万円
・もし被害者が亡くなってしまった時の葬儀費用、慰謝料などの限度額→3,000万円

任意保険

事故の大きさによって自賠責保険を大幅に超えた損害賠償が必要になった時に、そのリスクを避けるために加入するのが自動車保険の任意保険になります。

相手の身体と車両、自分の身体や車両にも補償がつけられます。

任意保険は補償内容を自分で選んで組み合わせることができるので内容は様々です。

補償内容の一部は次のようなものになります。

・対人賠償保険→事故で相手を死傷させてしまった時の補償
・対物賠償保険→事故で相手の車、家屋、物などを損傷してしまった時や信号、ガードレール、店舗などを壊してしまった時の補償
・車両保険→契約している車に損害が起きた時に保険金が出る補償

軽貨物のドライバーは業務用車両なら自家用車より走行距離が長くなるので、事故にあってしまう可能性も高くなり、自家用車に比べると任意保険料は高めになってしまいます。

また、自家用車でかけている保険の等級が業務用車両に引き継げない仕組みになっているので任意保険料は高いです。

貨物保険

貨物保険とは、運送業で働く人が偶然起こしてしてしまった事故、過失によって貨物の所有者に対し損害賠償を払う必要が出た時に保証してくれる保険です。

何かしらの原因で積んでいる荷物が損傷してしまった時、ドライバーが損害賠償を払わなければなりません。

事故を起こして荷物を多数損傷すると、損害賠償は高額になってしまいます。

その損害賠償を保証してくれるのが貨物保険になります。

まとめ

・自賠責保険→義務
・任意保険→もしもの事故に備えるのに必要な保険
・貨物保険→輸送中に荷物を損傷した時に備えるのに必要な保険

軽貨物ドライバーが自分で損害賠償を払うのはとても大変です。

ドライバーという仕事上、事故や危険のリスクも高まります。

危険から身を守り、生活を守るために、もしもの時を考えて保険にはしっかり加入するようにしましょうね!

軽貨物運送業者と引越し業者の違いは?
軽貨物運送業者と引越し業者の違いって何?軽貨物運送業者と引越し業者の違いって分かりますか? どちらも運送用の車を使い、似たような見た目から「どっちも同じでしょ」と思われて...