未分類

軽貨物ドライバーが長距離の仕事を選ぶ理由とは?

軽貨物ドライバーが長距離の仕事を選ぶ理由とは?

軽貨物ドライバーという仕事は、引っ越し業者を混合されがちですが、仕事内容はもちろんのこと異なります↓

軽貨物運送業者と引越し業者の違いは?
軽貨物運送業者と引越し業者の違いって何?軽貨物運送業者と引越し業者の違いって分かりますか? どちらも運送用の車を使い、似たような見た目から「どっちも同じでしょ」と思われて...

さらに軽貨物の仕事を検索すると、「長距離」というワードが出てきます。

移動距離の短いイメージの軽貨物ドライバーの仕事ですが、実は長距離の仕事もあるんです。

ここでいう長距離とは、「貸切便」のことを言います。

言葉の通り、荷主が車両を貸し切り荷物の運搬を依頼する仕事です。

長距離チャーターの仕事内容についてご説明します。

長距離チャーターの仕事内容

短距離との明確な違いは走行距離です。

長距離チャーターの場合、平均300kmの移動距離になります。

軽貨物ドライバーの場合、ガソリン代は自分持ちなので、自分の車の燃費を考えて仕事を選ぶ必要があります。

長距離チャーターのメリット

軽貨物ドライバーが時間と体力の負担の大きい長距離の仕事を受ける理由は3つあります。

賃金が高い

基本的に、時間の拘束時間の分だけ報酬は高くなります。

また、長距離の仕事の場合事前に仕事の拘束時間は提示されるので大体の報酬の金額が分かります。

仕事を集める必要がない

行きの仕事の依頼がくると、荷主から帰りの分の仕事を準備してくれるケースが多いです。

だから、その分の時間の仕事を入れ込む必要がなくストレスも少ないです。

集中して仕事に挑める

仕事の数が多いとその分、ひとつひとつの仕事への集中力は切れがちになります。

その反対に長距離の仕事は一つに集中できるメリットがあります。

ただ、同じ仕事を長い時間するのは得意な人もいれば不得意な人もいます。

長距離の仕事には向いている人が明確に影響するんです。

長距離の仕事に向いている人

お金を稼ぎたい人

まとまった金額が比較的短期間で貯まるので、お金が稼ぎたいというモチベーションの人は向いています。

運転が好き

短距離の仕事は車を何度も停車する機会が増えるので、車好きな人にはあまり楽しみがないんです。

仕事で長時間の運転ができるというのは、プライベートでもなかなか難しいことなので、運転好きにはリラックスできる時間になります。

各地に行ける楽しみ

旅行で各地に行くことはあっても、仕事で行くことなんて本来あまりない経験です。

移動先で美味しいものを食べたり、家族にお土産を購入したりと旅行のような楽しみを得ることができます。

メリットの多い長距離の仕事ですが、その分体力のいる仕事になります。

でも長距離の仕事が定期で入るようになれば、月給も安定します。

自分次第で給料が変化するなんて、面白い仕事ですよね。